会社概要

富士急ハイランド

TOPへ戻る

会社概要

会社名 株式会社富士急ハイランド
設立日 昭和43年3月2日
※平成6年4月2日、株式会社富士急ハイランドに商号変更し、現在に至る。
資本金 9,750万円
所在地 山梨県富士吉田市新西原 5丁目6番1号
代表者 取締役社長 髙部 久夫
連絡先 TEL : 0555-24-6711
FAX : 0555-24-6882
MAIL : highland@fujikyu.co.jp

事業内容

1、富士急ハイランド(昭和36年開業)

中央道河口湖インターチェンジに接する総面積50万平方メートルからなる一大レジャーランド。絶叫マシンをはじめとするアトラクションやトーマスランドのほか、スケートリンク、雪遊びゲレンデ、ボウリングセンター、劇場施設、飲食施設、物販施設、コニファーフォレスト、駐車場などの施設を有している。

2、ふじやま温泉(平成18年11月開業) 詳しくはこちら >>

「伝統的な輪のやすらぎ空間」をコンセプトとした日本最大の級の木造混浴施設。富士山を目の前にした絶好のロケーションで、富士の麓に湧く自家源泉を使用。温浴棟では飛騨高山の伝統工芸を駆使した釘を使わない梁組が特徴。富士山特有の天然水「バナジウム水」を全館にて使用している。

3、雲上閣(昭和42年5月開業) 詳しくはこちら >>

富士山のスバルライン五合目にあり、売店、レストラン、客室を有する富士登山・観光の基地。

沿 革

昭和36年(1961)前身の「富士五湖国際スケートセンター」開場
昭和41年(1966)コースの長さ世界一「ジャイアントコースター」登場

※現在は営業しておりません

昭和44年(1969)富士急ハイランドグランドオープン。
この頃、5つのスケートリンクの氷上総面積が世界一
昭和55年(1980)「ダブルループコースター」登場

※現在は営業しておりません

昭和58年(1983)高さ・最高時速・最大過重力「ムーンサルトスクランブル」登場

※現在は営業しておりません

昭和60年(1985)コニファーフォレストスケートリンク完成
平成7年(1995)大観覧車「シャイニングフラワー」、「クール・ジャッパーン」登場
平成8年(1996)高さ・最大落差・最高時速・巻上げの長さ世界一「KING OF COASTERS FUJIYAMA」登場
平成10年(1998)「トーマスランド」登場
平成11年(1999)歩行距離世界一「史上最悪のお化け屋敷 戦慄迷宮」「パニックロック」登場
「トーマスランド」エリア拡大
平成13年(2001)最大速度世界一「ワールド・ブッチギリ・コースター ドドンパ」登場
平成15年(2003)歩行距離世界一「超・戦慄迷宮」登場
平成16年(2004)富士急ハイランド・ホテルハイランドリゾートエリア内で温泉沸出成功。「フジヤマ温泉」と命名
「トンデミーナ」登場
平成18年(2006)総回転数世界一のコースター「ええじゃないか」登場
「ふじやま温泉」オープン
平成21年(2009)「鉄骨番長」登場
平成22年(2010)「EVANGELION:WORLD」登場
平成23年(2011)最大落下角度世界一121度「高飛車」登場

※記録は当時によるもの

ページトップ
無題ドキュメント